もはや生体認証の時代だから、鍵は1つも持っていません。

biometrics_kagiカギのトラブルで一番ありがちで怖いのが、やはりカギの紛失ですよね。カギを無くしたら家にも入れず何もできない。目の前が自宅なのに入れずに業者を呼ぶしかない状況なんて、なんともバカバカしいですし精神的にも嫌なものです。これだけ技術が進歩しているというのに、小さなカギを持ち歩いてなくさないようにするなんて時代遅れだと思います。まだまだシリンダー錠が主流ではありますが、新しい時代と技術に乗ることでそれらから解放されるんですよね。

そんな私は、カギを持ち歩いていません。もはや生体認証の時代なんですから、持ち歩くどころかカギというもの自体、ひとつも持っていないんですよ。都内なので車は必要ありませんし、自転車も使わないので細々したカギも含めて持っていないです。自宅のカギは門扉が暗証番号、玄関ドアは指紋認証のオートロックです。外出する際は、例え近所のコンビニであってもカギを持ち歩かなければなりませんでしたが、これによってドアを閉めれば勝手にカギがかかりますし、入る時も指紋で認証すれば一発でドアが開きます。ただのオートロックだとカギを持ち忘れる締め出しも起こり得ますが、指紋認証ならその心配だってないんですよ。カギという必要不可欠なものから解放され、煩わしさや面倒臭さも一切ない快適な暮らしが実現できています。

生体認証は防犯面でどうなのかという声もあるにはありますが、その辺の空き巣が私の指紋を採取してコピーすること自体まず不可能です。そこまでできる空き巣なら、ピッキングやカギのコピーだって簡単にやってのけるでしょうし、そこを比べても仕方ないとさえ思います。むしろ普及率から見て、ここは面倒だからピッキングできる家にしようとなるのが普通でしょうね。

今後車が必要になったりすれば、またカギを持ち歩かなければならないことも出てくるでしょうけど、今のところはその必要性もないので非常に快適ですよ。